中性脂肪とは何か教えます!手遅れになる前に心臓病・脳の病気リスク

中性脂肪とは、わたしたちの体の中にある脂質の一種のことを言います。 その役割は、人間の『エネルギー』になること。

体を動かすためや体温を保つ重要な役割を持っています。

スポンサーリンク

「中性脂肪が高い」状態は『血液がドロドロの状態』

人間の活動には決して欠かせない中性脂肪ですが、問題なのは高すぎると血液をドロドロに状態にしてしまうことです。

つまり「中性脂肪が高い状態」は、血液中の中性脂肪が多いことといえます

おもに中性脂肪は、糖質の摂りすぎによって上昇します。

糖質とは、甘いものやパンや麺、ご飯などの炭水化物のことです。

一見、名前からすると「脂っこいものを食べるといけないのかな?」と思われがちですがそれは間違いです。中性脂肪を増やすのは、圧倒的に炭水化物です。

食事によって摂りすぎた中性脂肪は脂肪細胞にため込まれてしまう!

人間は必要以上に中性脂肪を摂ると、体の『脂肪細胞』にためこまれる性質を持っています。

この状態が『肥満』です。

細胞一つ一つが脂肪をため込んで、ブックリしているイメージですね。

体内で脂肪が余ると血液中の中性脂肪の濃度が上がり動脈硬化のリスクが跳ね上がる!

『肥満』状態が続くと、血液中の中性脂肪の濃度が上がります。 健康診断で「中性脂肪が高い」と診断されたときはこの状態をさします。

中性脂肪の濃度が高い血液は、普通の状態と異なりドロドロしていて、流れの悪い血液は血管を傷つけるので動脈硬化を促進させます。

さらにここに、メタボリックシンドロームの危険因子が絡み合うと、心臓病や脳の病気を引き起こすリスクが引き上げられるのです。

つまり、中性脂肪を適正値にもどすには「血液をサラサラの状態に戻すこと!」といえます。

中性脂肪がコレステロールの質を悪化させ動脈硬化を簡単にさせる

中性脂肪が体内に増えてくると、コレステロールのバランスを大きく悪化させます。

なんと、善玉(HDL)コレステロールの数を減らし、悪玉(LDL)コレステロールを小型化させてしまうのです。

この小型化されたコレステロールは『超悪玉コレステロール』といわれ、血管内に入りやすく酸化しやすいため、動脈硬化を簡単にさせるパワーを持つ大変危険なコレステロールといわれています。

健康診断の数値を見るときに、中性脂肪が高い場合はコレステロール値を見てみてください。HDLが少なく、LDLは多い状態ならば今すぐに生活習慣を見直す必要があります!!

中性脂肪が高い人は『脂肪肝』にも注意が必要!

さきほど、脂肪が体内に余っている状態だと血液がドロドロになるということを書きましたが、血液ではなく、肝臓に脂肪がたまっている状態を『脂肪肝』といいます。

ほとんどの場合、中性脂肪が高い状態だと脂肪肝もありきだということがわかっているそうです。

脂肪肝は通常よりも、肝臓の中性脂肪が10倍!

脂肪肝は、肝臓の脂肪に中性脂肪がたっぷりたまり、白くブックりとした肝臓になるそうです。

いわゆるフォアグラですね(汗)

通常の人は肝臓の中性脂肪は、3~5%程度だそうですが、脂肪肝ともなると30%以上の脂肪が貯められていることも・・・

これは想像するだけで、異常なことがわかりますね。

狭心症や心筋梗塞の発症を2倍に引き上げる!

脂肪肝は、メタボリックシンドローム(通称メタボ)の一歩手前のメタボ予備軍です。

軽度のうちは、自覚症状がほとんどなく見落とされがちな状態なのですが、狭心症や心筋梗塞の発症が2倍になる大変危険な状態です。

まとめ

中性脂肪は人間に必須なエネルギー源ですが、糖質・炭水化物の摂取が多すぎることで、脂肪肝や血液がドロドロの状態をもたらします

そして、心臓病や脳の病気を引き起こすリスクを簡単にしてしまう恐ろしい状態です。

まずは、今すぐに生活習慣を見直し、本来の血液がサラサラの状態に戻す必要があるといえます。

スポンサーリンク