脂肪肝はお酒を飲まなくても肝炎を引き起こす!【原因とチェック方法】

脂肪肝は、血液中の中性脂肪が増えすぎると、たちまち肝臓にも脂肪がつきすぎてしまう病気です。

むかしは肝臓に脂肪が蓄積してしまうだけで、心配がないものだといわれていました。

しかし狭心症や心筋梗塞、脳梗塞や脳出血など、動脈硬化がもたらす致命的な病気の発症率を高くしてしまうことがわかりました。

それだけではありません。

なんと、脂肪肝が原因でお酒を飲まない方でも肝炎を引き起こし、最悪の場合肝硬変や肝臓ガンまで発展してしまうことが最近急速に注目されているのです!

スポンサーリンク

【脂肪肝チェック1】脂肪肝の原因は太りすぎにある!BMI25以上は要注意

脂肪肝のチェックその1は、BMIです。

脂肪肝のBMI数値目安

BMI(体格指数)25以上

計算方法 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=25以上ならば【肥満】

わたしのばあい、81キロ 169センチなので、

81÷1.69÷1.69=28.3

完全な肥満です(笑)

これでも今はダイエット中で、いろいろなことを実践していますので、8キロ落ちたのですが!orz

『肥満』は、メタボ予備軍で中性脂肪が過多な状態

肥満のメカニズムはこちらもで書いてありますとおり、体に余分な中性脂肪が増えることで、細胞の1つ1つがブクブク肥えている状態です。

体の中性脂肪が増えると、血中の脂肪も増えるので肝臓につきやすい状態になる。

これが脂肪肝です。

中性脂肪は主に、炭水化物・糖質の摂りすぎで過多になります。

若いころとそんなに食事の量が増えていなくても、体の基礎代謝は年々落ちてきているので、食べ過ぎになるのは当たり前。

しかも、年齢を重ねれば重ねるほど、体を動かしたり運動をすることなんてほとんどなくなってきますので、中年太りをするのはいわば必然といえますね。

脂肪肝を解消するには、食事(食品)と運動

かといって、食事制限などをしても意味はありません。かえって私たち中年はリバウンドが大きく、体調管理するのが難しくなる・・・。

そこで、大切なのは正しい成分を含んだ食生活と、運動で筋肉をつける。そして正しい栄養をとりながら、基礎代謝をアップするのが最善の方法です。

【脂肪肝チェック2】血液検査でATL(GPT)20以上は脂肪肝!!

健康診断の血液検査項目を見てください。脂肪肝をチェックするには一番重要な数値です。

ポイント 脂肪肝の数値を見るにはATL(GPT)をチェック!

私の受けた病院の検査結果ですと、ALTの数値は38。下限値5・上限値45となっていて、再検査にヒットしていませんが、

中性脂肪やコレステロールの専門医栗原院長の著書によると

「17で脂肪がたまり始め、20を超えるとほぼ脂肪肝の状態」

「20以上だと医療機関ですぐにおなかのエコーを撮る必要があるレベル

前回の検査結果でみるかぎり、わたしもどうやら脂肪肝だったようです・・・。

今は体重も落ちてきて、食生活もだいぶ改善できたので次の検査が楽しみですが、中性脂肪について勉強していなければ検査数値を甘く見て、数年後大変なことになっていたかもしれないとゾッとします。

脂肪肝から発症する『ナッシュ』肝炎が肝硬変や肝臓がんを引き起こす!

じつは、かならずしもお酒を飲んでいる人だけが『肝炎』を発症することではないということが最近の研究でわかりました。

その病名は、非アルコール性脂肪性肝炎『別名:ナッシュ』

お酒を飲まずとも肝臓が強く炎症する病気で、最悪の場合肝硬変や肝臓がんに進展することもある非常に危険な病気

ナッシュを絶対に避けるために!発症要因を潰そう

ナッシュの主な発症要因
  • 腸内環境(大腸菌抑制)
  • 活性酸素
  • ストレス

脂肪肝の上、これらの要因が重なることでナッシュが発症しやすいといわれています。

チェック! 実は多い!ナッシュと脂肪肝患者の数

・ナッシュ発症者(推定) 国内300万人

・脂肪肝患者(推定) 国内3000万人

脂肪肝患者の10人に1人はナッシュを発症する高確率。 決して他人事ではありません!

脂肪肝が原因で『糖尿病』も引き起こす危険も!

これら3つはすべて同じ原因で起こる!
  • 脂肪肝
  • 脂質異常症
  • 糖尿病

同じ原因で起こるということは、どれか1つの項目でひっかかっていたら、他の2つの病気についても用心すべきだということです。

ほんと、思っているよりも深刻な状況なんですね。。。怖い。

糖尿病も動脈硬化をドンドン進行させる!

意外と知られていないのは、糖尿病も動脈硬化の促進に一役買っているということです(汗)

糖尿病は、インスリンが正常に分泌されなくなり、血糖値が慢性的に高くなる病気です。

じつは、この余った血糖=ブドウ糖が血管をものすごく傷つけるとされています。

つまり、動脈硬化を進行させるということですね。

糖尿病は本当に怖い!さまざまな病気に加え、認知症や歯周病も

糖尿病の三大合併症
  • 網膜症
  • 腎症
  • 神経障害

これだけにあきたらず、最近ではアルツハイマー認知症や歯周病も引き起こすことがわかっています。

う~む。こうみると、悪いことしかありませんね。 脂肪肝は・・・

今このページを読んでいるということは、私自身も含めいますぐに改善の行動をすべきだということですね。自戒。

まとめ

中性脂肪が多いと脂肪肝へとつながり、その結果肝炎を引き起こし最悪の場合、肝臓ガンや肝硬変など致命的なダメージを負います。

発症の確率を考えると、今すぐの対策が必要といえます。

ちなみに、お酒を飲むと脂肪肝になりやすいイメージがありますが、飲まない人に比べ飲む人のほうが意外に脂肪肝になりにくいとされています!

これは、お酒をたしなむ人にとっては唯一の救いといえるかもしれませんね(笑)

スポンサーリンク