善玉・悪玉コレステロール高い方へ!今すぐ中性脂肪を減らす必要がある理由

コレステロールには『善玉(HDL)』『悪玉(LDL)』の2種類があります。

なかでも、悪玉コレステロールに限ってはその名の通り「動脈硬化を引き起こすあぶないもの」としてレッテルが張られてきました。

しかし最近の研究で、本当に私たちの体を脅かすコレステロールは、悪玉(LDL)の中でも『超悪玉コレステロール』であることがわかりました。 

超悪玉コレステロール
  • 活性酸素により酸化した『酸化LDLコレステロール』のこと
  • 通常の悪玉よりも小さく、酸化しやすい
  • 増えると心筋梗塞の発症リスクが3倍にも膨れ上がる

悪玉が酸化されると、体の免疫細胞が集まってきて分解しようとします。

でも、免疫細胞は超悪玉(酸化LDL)を分解することはできないのでそのまま血管に付着します。

これが、動脈硬化が3倍にも跳ね上がる原因です。

スポンサーリンク

中性脂肪が高い人ほど超悪玉が増えやすい

超悪玉。名称を見ただけで震え上がりそうなネーミングですが、中性脂肪が高い人は悪玉(LDL)が小さくなっていることがわかっています。

小型LDL=超悪玉コレステロール。

つまり、超悪玉コレステロールは中性脂肪が作り出しているといえます。

善玉・悪玉を気にしている方は、きっと中性脂肪も高い結果が健康診断で出ているのではないですか?

HDLやLDLを気にする前に、まずは超悪玉をこれ以上増やして心筋梗塞のリスクが3倍に膨れる前に、中性脂肪を落とす必要があります。

これは、今すぐに取り組むべき問題です。

善玉(HDL)と悪玉(LDL)には細胞膜やホルモン生成の役割がある

コレステロールはそもそも、肝臓で作られ血液に乗って全身に届けられます。

そして、各臓器で細胞膜やホルモンを作る材料になります。

臓器で使われずに余ったコレステロールは、また肝臓に戻り新しいコレステロールを作る材料になります。

この、『血液から肝臓に戻るコレステロール』HDLコレステロール

『肝臓から全身に届けられるコレステロール』LDLコレステロールというわけです。

超悪玉は見過ごせませんが、善玉と悪玉は必要なコレステロールだということは意識しておいてください。

生活習慣の乱れは人間本来の肝臓機能の破たんの元!そして悪玉コレステロールのバランス悪化へ

必要な悪玉であっても、バランスを崩してしまうのは良くありません

じつは人間が本来もつ体の免疫機能として、肝臓自体は体中のコレステロール量を調整する力を持っています。

コレステロールは、7~8割ほどが肝臓で作られ、残り2~3割は普段の食事で吸収されるのですが、食事でとりすぎると肝臓で作る機能をセーブするのです。

そして、どんどん生活習慣が乱れていくと肝臓に負担がかかり、コレステロールの生成を制御する力が失われて、LDLを作り続けてしまう・・・

結果として悪玉の数値が高くなる。肝臓に負担をかけているのが悪玉を増やす原因の1つになっているのです。

「悪玉(LDL)コレステロールが高いと動脈硬化に結びつく」は大きな間違い!

さきほども説明したように『悪玉』は名前こそ悪いですが、全身に流れ人間の細胞膜やホルモン生成の材料としてかかすことはできません。

むしろ少なすぎてもダメ!

・LDLの適正数値 100mg/dl以上

少なすぎると、むしろガンにかかりやすいと最近では言われているほどです。

しかも、LDLが高くて動脈硬化になっている人はほとんどいないのが実際のところなのです。

善玉(HDL)コレステロールが低すぎると確実に動脈硬化を引き起こす

善玉においても、数値が低すぎると致命的な疾患を引き起こします。 これにくわえ、高血圧や高血糖、中性脂肪が多いなど複合的に危険因子が絡み合うことが問題です。

つまり、悪玉と善玉ともに数値は程よく高めに保つことが大事だということ。 悪玉(LDL)コレステロールが高ければ、善玉(HDL)も高ければ問題はないのです。

そして、いちばん私たちに致命的な疾患をもたらすのは、『超悪玉コレステロール』であって、その根源を断つには中性脂肪を減らすことが確実な方法というわけです。

スポンサーリンク