コレステロールとは何か?サルでもわかるよう簡単に説明します。

コレステロールは、血液中に含まれる脂質の一つです。

細胞膜の材料となり、わたしたちの細胞が新陳代謝(生まれ変わる)のときにとても重要な役割を果たします。

神経細胞がつくられるためにも欠かせない脂質なので、人間が生きていくためには欠かせない成分です。

スポンサーリンク

不足すると病気にかかりやすくなり、胃腸に負担をかける

コレステロールと聞くと、病気にかかってしまったような嫌悪感を覚える人がいますが、一定以上は必ず必要な脂質です。

コレステロールの主な役割
  • 体の機能調整にかかわるホルモンの材料となる
  • 胆汁酸の材料となり、消化吸収を助ける

ホルモンがうまく機能しなければ、血圧や体温調整がうまくできない体になってしまいます。

すると、体調をくずしやすくなり病気がちになります。

また胆汁酸が少なすぎると、消化吸収がうまくいかなくなり胃腸に負担がかかかり、食後に腹痛になったり胃腸系の病気を引き引き起こしたりします。

厚生労働省によると『動脈硬化の原因』にもなりえる

厚生労働省によると、

血液中において過剰もしくは不足した状態になると、動脈硬化などの原因となる。2割~3割が体外から取り入れられ、7~8割は糖や脂肪を使って肝臓などで合成され、その量は体内でうまく調整されています。 

引用 厚生労働省HP「コレステロール」より引用

ある一定量は必要なコレステロールですが、バランスを崩したとたんに血管にも負担をかけてくる恐れがあるのが怖いところです。

HDLとLDLの2種類があり、基本的にHDLを増やすため青魚や植物性脂質を食品でとっていく

コレステロールには、HDLコレステロール(善玉)LDLコレステロール(悪玉)の2種類が存在します。

この2つの量のバランスが崩れることを『脂質異常症』といい、メタボリックシンドロームの要因の一つとなります。

バランスが崩れないように、食生活を意識する

なかでもLDLコレステロールが多く含まれる動物性脂質を、現代人は普段の生活の中で比較的多めに摂取しているので、あまり深く気にする必要はないです。

反対にHDLコレステロールは、青魚や植物性脂質に多く含まれ、現代人は不足傾向にあるので意識して口にしていくのが今日からできる簡単な対応策といえます。

スポンサーリンク